シルエット

「さんぽクリエイティブ」の
コピーライター/クリエイティブディレクターの屋木純一です。

独立するにあたり「屋号」を決める時、カミサンにネーミングを考えてもらいました。
コピーライターだけど、名前は彼女に考えてもらいたかったんです。
いつも支えてくれる、幸運の女神として(…なんてね)。
その一番上にあった案が、「さんぽ」でした。
理由は、散歩ばかりしてるから(笑)

僕が散歩ばかりしてる理由は、歩くことが好きなのはもちろんですが。
コピーや企画を考える時、デスクにしがみついているのではなく、とにかく「歩いて考える」という習慣がいつの間にかついたからです。
思いつくまでは、平気で2時間ぐらい歩き続けます。
実を言うと、会社から独立するかどうか3ヵ月ほど迷い続けていた時も、歩いて歩いて歩いて…。
「うん、独立しよう」
そう決心したのも、近所のいつもの遊歩道でした。

名前が「さんぽ」だけだと飲み屋さんみたいだし(げんに近所にあってビックリ)、地方の企業の方、あるいは広告とはあまりご縁のない方とも仕事をしたいと思って、かっこわるさは割り切って、分かりやすいように「クリエイティブ」も付けました。
そして、マスメディアの広告だけにかぎらず、クリエイティブなものなら何でもやってみようという思いも込めました。

歩いて、歩いて、道のその先へ。
途中の風景も楽しみながら、みんなで歩いていけば、きっと良い答えが見つかる。
僕は、そう信じています。

いつも、てくてく考えています。
歩いて考えるコピーライター。
「さんぽクリエイティブ」の屋木純一を、どうぞよろしくお願いします。
どんなことでも、ぜひお気軽にお声がけください。

屋木 純一